身分証明書は必要?

身分証明書は必要? 翡翠は新緑の半透明な石で宝石のひとつであり、古代には金以上に珍重されてきたものです。現代においても翡翠は人気の宝石として知られますが、翡翠といっても硬玉と軟玉によって大きくその価値が異なり宝石として扱われるのは硬玉のみです。硬玉であれば高値で売ることが期待できます。これら売却されたものは再生されて国内で販売されたり日本以上にその価値が認められている中国などの海外に輸出されるので高値で売ることが可能です。

翡翠は中古市場もあり買取り業者も多くあります。お店で直接売る方法のほか宅配便を使って売る方法もありますが、いずれにしても適切な鑑定士がその価値を見極めて買取り価格を決めます。これらを利用するさいには必ず身分証明書が必要です。これは盗品でないことを証明するために行われるもので、その他の貴金属でも同様の扱いになります。一方で価格だけを知りたい査定に関しては身分証明書を提示しなくても知ることができます。

翡翠買取をする際に必要な身分証明書の種類とは

翡翠買取をする際に必要な身分証明書の種類とは 翡翠買取をしてもらう際には有効な身分証明書が必要です。翡翠を買取してもらう際の身分証明書の種類としてまず一般的なものは、運転免許証もしくは各健康保険証が挙げられます。他に旅行をするときに必要なパスポートも利用できます。運転免許証を返納した際にもらえる運転免許経歴証明書も使うことができます。
住基台帳カードや印鑑証明書の他3ヶ月以内の住民票の原本といった市役所で作れるようなものも身分の証明となります。
各種福祉手帳や敬老手帳、障害者健康保険福祉手帳など障害者の方が保有しているようなものも使えます。
海外国籍の方で利用したい方は、特別永住者、外国人登録証明書などは海外の人にとって重要な証明となるため、こういったものを利用できます。
複数の人の代表者の方は代表者の方の身分証明のコピーの提出が必要です。車長の方と取引をする場合は担当の方の委任と身分証のコピーさらに会社と関連がある名刺などが必要です。古物取り扱い業者の方は古物営業許可証も提出します。