このサイトでは、宅配買取なら翡翠の査定が全国どこからでもできること、予約をしなければ買取ができないのかどうか、中古の買取について、買取をする場合に身分証明書は必要かどうか、委任状の有無について詳しく取り上げていきます。
これから買取を依頼したいのであれば、本サイトをよく読んでから行うことをおすすめしています。
本サイトを読めば、手続きをスムーズに進めるためのポイントをしっかりと理解することができます。

宅配買取なら全国どこでも翡翠の査定ができる

宅配買取なら全国どこでも翡翠の査定ができる 翡翠の買取には、主に2つの方法があります。
店頭に実物を持っていって査定をしてもらう方法と宅配買取です。
ひとつめの店頭での査定は、時間に余裕のある人はいいのですが、忙しい人だとなかなか店頭に行く暇を確保することができません。
そこでおすすめは、ふたつめの宅配買取です。
この方法であれば、時間を自由に指定できるほか、全国どこからでも査定を依頼することができるのです。
店頭で翡翠の買取を依頼する方法だと、実際にお店に行かなければならず物理的に近いお店に限定されてしまいます。
宅配買取であれば、複数のお店に対していくらで買い取ってもらえるのかを聞くことができます。
最も高いお店に買い取ってもらえばいいので、物理的な成約は一切ありません。

翡翠の査定は日本全国に店舗を展開されている実績豊富な買取店を選ぶ

翡翠の査定は日本全国に店舗を展開されている実績豊富な買取店を選ぶ 翡翠は昔から人気があり古代の中国やインカ帝国では金よりも貴重なものとして取り扱われていました。
ですのでアクセサリーなどといった宝飾品の他の使い道でも利用されることも少なくありませんでした。
翡翠には硬玉という種類のものと軟玉という種類のものがあります。
宝飾品や指輪などのアクセサリーとして使われているのは硬玉の種類の方でジェイダイトと呼ばれているのです。
軟玉は昔は石斧などに使われていました。
日本では翡翠というと深緑色をしているイメージがありますがピンク色のものや薄紫色のもの、黒色や青色のものなど様々な種類の色が存在しています。
日本全国に店舗を展開している買取店であれば深緑色ではない翡翠であっても査定してもらうことができる場合が多いです。
日本国内の糸魚川で採掘される薄紫色の翡翠などについては世界中で人気が高まっています。
特に最高級品とされているのが琅玕と言う半透明の綺麗な緑色のもので、1カラットでも数十万円から数百万円ぐらいの価値があるのです。
少しでも高い値段で買い取ってもらうためには、日本全国に店舗を展開しているだけではなく宝飾鑑定士が在籍していて丁寧に色合いやコンディション、テリ、人工でないかどうかなどを鑑定してくれる買取店を選ぶ必要があります。

翡翠関連情報

翡翠の買取査定で便利なサイト